アフィリエイト

失敗した買い物ネタをブログに書いて成約させるとっておきの方法

買い物で失敗した経験や、妥協した経験、一度はありますよね。

私はしょっちゅうありますw

実は買い物失敗ネタってブログでかなり使えるんですよ!

今回は、私が「買い物失敗ネタ」でめちゃくちゃ
成約させた方法を詳しくお伝えします!

ぜひ参考にしてくださいね♪

買って良かったものしか記事にできないの?

よく、

「アフィリエイト初心者さんは、
自分が買ったもののレビュー記事から
始めるといいよ!」

って教えてる人多いですよね。

私もそれはもちろん良いと思ってますが、

ぶっちゃけ今まで購入したものって
なんの妥協もせず一番欲しかったもの
買えてますか??

もしかしたら、

本当はこっちが欲しかったけど
予算オーバーで……
時間なくて適当に買ったら失敗した……

とか、結構そういうのないですか?

買っても微妙だった
ぶっちゃけミスった
期待外れでほとんど使わなかった

そんな商品は記事にできないのか?
っていうと、全然記事にしてOK!

むしろ失敗ネタっておいしいんですよ!

私も過去に大失敗したある商品があって、
あえてブログネタにしたことがあるんですが、
これが成約率がものすごい良かったんです。

クッキーではなくちゃんと成約させた商品では
この失敗ネタで書いた商品が一番多いんじゃないかと
思うくらいガンガン売ったので、
その記事を例に詳しく解説していきますね◎

失敗ネタで記事を書くときに必要な内容

1.失敗した商品の紹介と購入理由

実際に失敗した商品がどんなものだったのか、
そしてなぜ買ってしまったのか理由も合わせて書きましょう。

私の場合は、産後に使うあるアイテム。

里帰り中に必要になりそうだったので、入院中に母に
「●●買っておいて〜」
とお願いしたところ、それが微妙だったんですよね。

(※母は悪くない)

でも産後、入院中に自分の親や夫に買い物を頼むって
流れは多くのママがありえるシチュエーションですよね。

そうすると私と同じ失敗をしかねない!

だから、誰かに頼むんじゃなくてこれを病室から
ポチってね!!!

という感じで書きました。

購入した理由が私の例みたいに、
ターゲットが同じ失敗をしそうであれば
注意喚起になるので書いておくと親切です。

 

2.その商品が失敗だった理由

なぜその商品ではダメだったのか?

実際に使ってみないとわからなかった点や、
購入前に見落としていたところなど、
失敗だと感じたポイントを詳しく書きます。

商品やメーカーの悪口になるようなことは
書いちゃダメですよ!

特定の商品を否定すると言うより、
機能性や特徴を挙げて書くといいと思います。

「こういう用途で買う人には大きいと使いにくいから
なるべくコンパクトなものがいいよ!」

みたいな感じで、あくまでもこれから買う人が
参考になるよう自分の失敗をシェアするイメージで◎

私の場合は、ある産後の悩みを解消するために
購入したものだったのですが、それがちっとも
解消されなくて……^^;

この商品では全然解消されなかったよ〜!
やっぱり●●を解消するには▲▲な機能が
しっかりしてないと効果が薄いことが
わかりました!

という感じで、なぜ失敗だったのかを分析して
詳しく書きました。

 

  • 購入した目的に合っていなかったところは
    どこだったのか?
  • 失敗だと感じた点はどこなのか?
  • どんな商品だったら悩み解決に繋がったのか?

こういうところを詳しく書いてあげると
購入前の人にとって超役立ちます!

 

3.失敗をカバーできるベストな商品を紹介する

「これ買ったら失敗しましたー!涙」

だけだと売り上げにならないので、

こういう失敗があったので、
これから買う人は絶対これを買ってね!

という感じでベストな商品に
ここで誘導します。

これ間違いなくクリックしますよね。

こんだけの失敗をした人が、
これだったら絶対いい!って
言ってたら信憑性ありますし。

もちろん、失敗を踏まえた的確な
商品を選ぶのは大前提ですよ。

例えば、

「大きいサイズのが便利と思って買ったけど
コンパクトなもののが使いやすかった!」

という失敗を書いたのにも関わらず、
紹介してる商品が大きいサイズだったら
おかしな話ですよね。

この場合であれば、ちゃんとコンパクトな
商品を探して紹介してあげましょう◎

 

失敗談を記事にするときのポイント

この記事のポイントは、できるだけ
失敗談を詳しくリアルに書くこと!

それと、最終的に紹介する商品がベストな
ものであること!

この2点です。

注意点は、さきほども書いた通り
商品そのものをディスってるだけの
記事はダメですよー!

特定のメーカーを名指しして
ここの商品は全部ダメだ!とか

それではただの悪口なので、営業妨害に
なっちゃいます。

もしこれってダメかな?と心配であれば、
失敗商品に対して、

「こういう目的の人だったら良かったと思う」とか
「●●では使いにくいけど、▲▲として使うならアリ」とか

何かフォローを入れられると間違いないです。

購入前ってレビューや口コミをチェックする人が
多いですけど、良い話だけじゃなく悪い口コミを
知りたい人もいっぱいいます。

こういったリアルな失敗談って興味ある人
多いですから

買い物失敗してこんなもん買ってまった〜〜

という経験のある人はぜひこのネタで
記事書いてガッツリ稼いでくださいね!笑